未来につながる、安心のヘンプシードをお届けしたい。ヘンプフーズジャパンの公式オンラインサイトです。

 
 

下條さん_ヘンププロテインとは

ABOUT HEMP PROTEINヘンププロテインとは

ヘンププロテインとは?

  • 高タンパク・ミネラルがぎゅっと詰まったヘンププロテイン

    アサ科のヘンプ(産業用大麻)は、生命力のある一年草で、種まきから90日程度で収穫することできる、生長が早い植物です。また、農薬や肥料も必要としない、環境に優しい農作物です。
    ヘンプの種子は、硬い殻に守られており、殻付きの種子は「麻の実」として、七味唐辛子や漢方薬として利用されています。
    その硬い殻を外したものが「ヘンプシード」。ヘンプシードは、クセの少ないナッティーな風味と、その栄養価の高さから世界で人気になっています。
    ヘンププロテインは、このヘンプシードから製造される植物性のプロテイン。ヘンププロテイン、麻の実タンパク、ヘンププロテインパウダーなど様々な呼ばれ方をします。




  • エシカル&サスティナブルな「ヘンプ」とは?

    ヘンプは、食品として栄養面で優れていているだけでなく、その機能性の高さから、多数の産業分野で注目を浴びている植物です。
    繊維・茎は衣料品・ロープ、産業用の断熱材・集成材、紙やバイオプラスチックの原料として利用することが可能です。また、抽出したCBD(カンナビジオール)などの有機化合物はサプリメント原料として利用されています。
    ヘンプは、肥料や農薬を使わずとも栽培が可能な生命力が豊かな植物であることから、エシカル(倫理的)かつサスティナブル(持続可能)な代替素材・新素材としての利用用途の模索が進んでいます。
    ※厳格な輸入ルールに基づき、国際的な産業ヘンプ品種のヘンプシードを販売しております。

ヘンププロテインの栄養価

  • タンパク質がたっぷり

    カラダの60%程度が水分であることは有名ですが、その次にカラダ多く占めているのが、実はタンパク質なのです。タンパク質は、体重の15〜20%にあたり、筋肉や臓器・肌・髪・体内のホルモン・免疫物質・酵素などの素になっており、ヒトが生きていく上で欠かすことのできない栄養素です。そして、私達人間は、カラダの大部分を構成するタンパク質を、主に食事から体内に取り入れています。
    ヘンププロテインには、タンパク質が50%程度含まれています。そのプロテインも、65%ほどがエデスチンといった麻の実に特有の、吸収されやすい種類のタンパク質で構成されています。
    また、プロテインはアミノ酸から構成されていますが、ヘンププロテインには、身体のエネルギー代謝に関わる、バリン・ロイシン・イソロイシンといったアミノ酸を含み、また、必須アミノ酸(体内で合成できず、食品から摂取する必要があるアミノ酸)9種をすべて含んでいます。

    1. ミネラルがたっぷり

      ヘンププロテインは、後ほど解説する通り、他のプロテイン製品とは製造方法が異なり、ミネラルがたっぷり含まれています。ミネラルとは、無機質とも呼ばれ、体内で合成することができないため、食品から取り入れなければならない栄養素です。ヘンププロテインには、現代人に不足しがちな「鉄、銅、マグネシウム、亜鉛」などがバランス良く含まれています。
      弊社のヘンププロテインは、鉄・銅・マグネシウムを補うことができる栄養機能食品として販売しております。

    2. 鉄、亜鉛、マグネシウムが豊富
  • 必須脂肪酸も含まれる

    ヘンププロテインには、必須脂肪酸も含まれています。
    必須脂肪酸は、食品から取り入れる必要のある栄養成分で、カラダ中の細胞の細胞膜の材料として利用されています。特にオメガ3必須脂肪酸は、現代日本人に不足しがちとされています。ヘンプシードには、オメガ3とオメガ6がバランス良く含まれていることで注目されています。
    ヘンププロテインなら、タンパク質だけでなく、必須脂肪酸まで一緒に補給することができるのです。

  • 食物繊維もたっぷり

    食物繊維は、便秘の予防、整腸効果、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能があるとされています。(厚生労働省による)ヘンププロテインには、食物繊維が重量の20〜25%ほど含まれており、美容と健康の維持にとっても嬉しいプロテインです。

オーガニック&無添加!
ヴィーガンにもおすすめ

    1. 他の動物性・植物性プロテインとの違いとは?

      動物性プロテイン・他の植物性プロテインとヘンププロテインの最も大きな違いは、「化学的な精製処理を行っていない」「無添加」というところです。
      一般的な動物性プロテインは、牛乳を主原料に化学的な処理により分離させたものが大半です。また、植物性プロテインの代表格である、大豆由来のソイプロテイン、えんどう豆由来のピープロテインも同様に、加熱や化学的な処理・精製したものがほとんどなのです。それらにフレーバーを加えたり、他の栄養素を添加し調整した製品が一般的なプロテイン製品です。

      一方、ヘンププロテインは、ヘンプシードからヘンプシードオイルをコールドプレス(冷温圧搾)した後に残る、油分以外の固形物から製造しています。それを機械的に細かく粉末状に加工しただけのものがヘンププロテインなのです。化学的な分離・精製は行っていません。
      ヘンププロテインは、化学的な精製・分離を行っていないため、タンパク質だけでなく「ミネラル・必須脂肪酸・食物繊維」といった栄養素がたっぷり含まれているのです。
      なお、弊社のヘンププロテインはいずれもオーガニック認証(有機JAS認定)を取得しており、健康に気をつける方、環境に配慮される方、Veganの方にも安心してチョイスしていただけます。

    2. 和食と相性抜群

ご年配の方からアスリートまで。
健康維持に毎日ヘンププロテイン

    1. 毎日の食事に使えるヘンププロテイン

      ヘンププロテインは、通常のプロテインのように水や牛乳、豆乳などに溶かしてお飲みいただいたり、スムージーの材料としてお使いいだけます。
      一般的なプロテインとヘンププロテインの大きな違いは、毎日のお料理にもお使いいただけることです。お味噌汁に小さじ1杯、スープやカレーの隠し味、ソースにちょい足ししてもおいしくお召し上がりいただきます。また、きなこの代わりにお餅やデザートにふりかけたり、パンケーキやパン生地に混ぜこんだり、バターと混ぜてパンに塗ったりと、日々の食生活に取り入れやすいのが特徴です。きなこのような優しい風味なので、毎日の食卓に手軽に取り入れやすいプロテインです。

    2. スムージー ヘンプ
  • タンパク質不足が気になる、アスリートや高齢者まで

    これまでにお伝えしてきたとおり、タンパク質は、カラダを構成する重要な栄養素です。そのため、年齢を問わず毎日しっかりと摂取することが大切です。 ヘンププロテインは、その栄養価の豊かさから、アスリート、ボディビルダー、ヨガアーティストなどからも支持されています。肉体の美しさと健康なカラダを両立するためのプロテインとして認識されているのです。
    また昨今、ご年配の方のタンパク質不足が問題となっていますが、お肉や魚などが喉を通りにくくなってきた方にもヘンププロテインはおすすめです。毎日の健康維持に、是非ヘンププロテインをお試しください。

instaguramhemp_foods_japan

pagetop